スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾高@神奈川春季大会4回戦ー 対藤嶺藤沢(横須賀スタジアム)

.17 2011 塾高野球部 comment(2) trackback(0)

藤嶺藤沢 000 110 00| 2
慶應義塾  200 231 01x| 9


《塾高スタメン》

(5)田邊
(6)山本泰
(9)谷田
(4)沓掛
(1)齋藤
(8)原田
(2)木村
(3)金
(7)山本諒

4日で3試合目というハード・スケジュールの4回戦。

初戦(2回戦)と同様で齋藤の先発登板。1回表、先頭打者にいきなり右前ヒットを打たれるがその後は3人でチェンジ。その裏には泰寛の中前ヒットを切っ掛けに谷田の左中間タイムリー三塁打と沓掛の左前タイムリーで2点先取という上々の滑り出し。

4回表の一死満塁でのスクイズで1点返されるが、その裏に原田右中間二塁打から木村の左越えタイムリー二塁打と金の中前タイムリーで2点追加し、この時点で4-1。

5回表に齋藤が無死一塁となる四球を与えたところでファースト金に代えて三宮がリリーフ登板し、齋藤はファーストに。次の送りバントを三宮が二塁で封殺したが、左中間タイムリー二塁打を打たれ1点献上。その後二者連続三振で4-2。

6回裏、谷田のセカンドゴロ失策、二盗成功、齋藤四球で一死1・2塁で原田がライトに3ラン。これで相手に行きかけた流れを完全に引き戻した。

7回裏には田邊レフト線タイムリー二塁打で1点、そして8回裏には山本諒の内野安打、二盗の際にキャッチャー悪送球で無死3塁に。田邉がスクイズを失敗するが、泰寛の右前タイムリーで7点差コールドが成立して試合終了。

次戦は4月23日(土)保土ヶ谷神奈川新聞スタジアム第二試合で対戦相手は桐蔭学園。


2011/04/17 塾高@春季県大会4回戦 ー 対藤嶺藤沢(横須賀スタジアム)

2011_04_17_0316C

スポンサーサイト

Mobile Phone & Information Appliance

.07 2011 IT comment(0) trackback(0)
既にTwitter,Facebook,mixi voiceでボヤキまくっているのだが、2月にiPhone 3Gをスキー場で落としてからスマート・フォンのアップグレード及びタブレットPC導入プランが全く狂ってしまった。

使っていたiPhone 3Gの「刑期明け」がこの6月なので、3月に出荷される予定だったiPad 2の導入を検討しつつ次世代iPhone(5?)に乗り換える予定だった。しかし、3Gをスキー場で紛失してこのプランが破綻。

この時点でiPhone 4は如何にも買いづらいものがあるので、取り敢えずガラケーを購入した。

1月のCESで発表された各社のタブレットPCと後に発表されたiPad 2を比較すると、現時点ではハード・ソフトともにiPad 2を選択しないという理由は殆ど見当たらず、当面はガラケー+iPad 2(wi-fi)体制で行こうと考えていた。


それが、あの地震の影響で3月25日発売予定だったiPad 2が日本では延期され(現時点でも発売時期は未定)、このプランも崩壊。

とにかく3Gを落として以来、ケチの付きとおしである。


携帯サイトなるもの、まるで情報の視野狭窄症になったみたいで一刻も早くオサラバしたいという思いが増々つのる毎日。

そこで、思いついたのがiPod Touch(wi-fiで接続)を導入しメールやWeb browsingなどInformation Applianceの役割を担わせ、音声の会話だけは6月までは現在のガラケーを使うというアイディア。

SBの2年契約更改時期である6月にスマートフォンとして次機種のiPhone(もし発表されれば)とAndroid(au or Docomo)端末を比較検討できる(WiMax内蔵のHTC Evo(au)が面白そう)。新たなiPhoneにそれ程大きなアドヴァンテージがなければ、SBをキャリアとして使い続けるメリットは殆ど感じていない。地震当日、音声電話が繋がらなかったのは同じ状況だったが、同じ場所でSBは「圏外」、auとDocomoは少なくともアンテナは立っておりメールの交信やtwitter閲覧・書き込みは可能だった。

iPad 2の導入に関しては発売時期によっての成行き次第。


幻のコンサート

.07 2011 コンサート comment(0) trackback(0)
東日本大震災(という名称になったらしい)の影響で中止となってしまった3月17日(水)に予定されていた塾高・女子高のワグネルの定期演奏会のチラシ。

ユース・オケを指揮して熱演を聴かせてくれた某マエストロ仕込みの高校生の「幻想」、聴いてみたかった。
誠に残念!

ワグネル第51回定期演奏会

塾野球部オープン戦@下田グラウンド ー 対Honda

.03 2011 慶應義塾大学野球部 comment(0) trackback(0)

Honda 000 010 010|2
慶應義塾  020 001 00X|3


2011/04/03 大学オープン戦(対Honda)

20110403-IMG_0022

Hocus Pocus

.03 2011 Rose comment(0) trackback(0)
4月2日の塾野球部の青山学院大学とのオープン戦の帰り道の途中、日吉の中央通りの花屋でバラの苗が目に止まった。電車で持ち帰ることを考えて躊躇したのだがこれも一期一会、昨年の夏の猛暑とウドン粉病が原因でバラ2鉢枯らしてしまったので購入した。新苗のためか値段も非常に安かった。


《Hocus Pocus (Korpocus?, Kordana?) by Kordes, 2000》

ドイツの創業120年を越える世界的なRose NurseryであるKordes社が作出したBi-Colourの品種。Kordesのポピュラーな品種としては、

Iceberg(白,1958)
Königin Beatrix(オレンジ,1983)
Helmut Schmidt(黄,1979)
Goldmarie(黄,1982)
Margaret Thatcher(ピンク,1979)
Frisia(正にフリージアのような爽やかな香りを持つ)(黄,1973)

などが有名。

このHocus Pocus、花の大きさ(直径12cm)や花茎の様子では明らかにハイブリッド・ティーローズである。しかし、ハイブリッド・ティーのHocus Pocusはネット上でみる限り濃いワインカラーとイェローのコンビネーション(Black Beautyという黒薔薇の変異種)のようだが、これはミニバラとされているHokus Pocus Kordanaのヴァーミリオン(朱赤)とイェローのコンビネーションである。

絞りのBi-Colourであることは間違いないのだが、このバラはいったい何者?季節が変われば(特に秋)違う色の花をつける可能性もあるのだが…。

20110404-IMG_0268


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。