スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mobile Phone & Information Appliance

.07 2011 IT comment(0) trackback(0)
既にTwitter,Facebook,mixi voiceでボヤキまくっているのだが、2月にiPhone 3Gをスキー場で落としてからスマート・フォンのアップグレード及びタブレットPC導入プランが全く狂ってしまった。

使っていたiPhone 3Gの「刑期明け」がこの6月なので、3月に出荷される予定だったiPad 2の導入を検討しつつ次世代iPhone(5?)に乗り換える予定だった。しかし、3Gをスキー場で紛失してこのプランが破綻。

この時点でiPhone 4は如何にも買いづらいものがあるので、取り敢えずガラケーを購入した。

1月のCESで発表された各社のタブレットPCと後に発表されたiPad 2を比較すると、現時点ではハード・ソフトともにiPad 2を選択しないという理由は殆ど見当たらず、当面はガラケー+iPad 2(wi-fi)体制で行こうと考えていた。


それが、あの地震の影響で3月25日発売予定だったiPad 2が日本では延期され(現時点でも発売時期は未定)、このプランも崩壊。

とにかく3Gを落として以来、ケチの付きとおしである。


携帯サイトなるもの、まるで情報の視野狭窄症になったみたいで一刻も早くオサラバしたいという思いが増々つのる毎日。

そこで、思いついたのがiPod Touch(wi-fiで接続)を導入しメールやWeb browsingなどInformation Applianceの役割を担わせ、音声の会話だけは6月までは現在のガラケーを使うというアイディア。

SBの2年契約更改時期である6月にスマートフォンとして次機種のiPhone(もし発表されれば)とAndroid(au or Docomo)端末を比較検討できる(WiMax内蔵のHTC Evo(au)が面白そう)。新たなiPhoneにそれ程大きなアドヴァンテージがなければ、SBをキャリアとして使い続けるメリットは殆ど感じていない。地震当日、音声電話が繋がらなかったのは同じ状況だったが、同じ場所でSBは「圏外」、auとDocomoは少なくともアンテナは立っておりメールの交信やtwitter閲覧・書き込みは可能だった。

iPad 2の導入に関しては発売時期によっての成行き次第。


スポンサーサイト

Dealing with SNS

.10 2011 IT comment(0) trackback(0)
さて昨日立ち上げた(再開した)blog、勢いがあるうちに書いておこう。

始めた時期はマチマチであるが現在まで続けているSNSはmixi、Twitter(以下Twと略す)、そしてごく最近参入したFacebook(以下FBと略す)である。特別な目的やモティヴェーションがあったわけでもなく、流行りモノに弱いタチなので付和雷同的に次々に首を突っ込んだというのが本音である。(TwがSNS?という疑問もあるが、広義の意味ではその一種かと。)

勿論、こんなもの生きていく上で必須なものではない(と考えている)。

成り立ち、サーヴィス内容、運営方法、コミュニケーションする相手の選択などの諸々の要素が絡みあって、それぞれの色合い、雰囲気、景色が異なり(同じ相手とのやり取りでも時として全く印象が異なる場合がある)、それなりに面白く興味深いものがある。

mixiは招待制の交換日記、Twはmini blog、FBはリアルライフで付き合いがあるハーヴァードの学生同士のネットでのコミュケーション、これらがそれぞれの起源であろうと個人的には解釈している。

この中で当初のサーヴィス内容に比べて最も肥大化したのは間違いなくmixiであろう。Tw Likeなmixi voiceの導入とか、日記の公開方法などに見られるいかにも日本人好みなネットでの擬似匿名性の維持に気を使った配慮などある意味お見事!ともいえる。ただ、悪く言えば建て増しを繰り返した「田舎の温泉旅館」という感が否めないのも事実。

その点、米国生まれのTwとFBはローカルな文化の違いなどナンボのもんじゃ!とばかりに、基本的な構成は非常にシンプル。以前mixiの日記にも書いたが、ネット上で自分を守るのも自己責任とばかり、一般人の武器保有・携帯する権利を認めた憲法の修正条項を持った国に発祥したSNSである。


まっ、こんな戯言はさておいて、FBに首を突っ込んだ時点ではTwの発言(つぶやき)をmixiとFBに連携ツールによって流し込んでいた。しかし、当初から予想はしていたが、FBにTwの発言を全て流すとmixiの場合以上に違和感がある。やはり、FBの場合は実名であることと、店主の年齢になるとどうしても「同窓会」的コミュニティという色彩が強くなり、発言内容・表現にある程度のcourtesyが求められる(というか自主規制)ことが原因だと思う。

しかし、発言ごとに連携をコントロールするのも面倒である。そこでTwを始めた頃に試用したことがあるHootsuiteにはSNS毎にポスティング・コントロールが出来るという噂を聞き放置していたアカウントを復活させた。Hootsuiteではメッセージの長さ(Twの140文字)に気をつけさえすれば非常に簡単にポスティング先を選択出来る。

各SNSのタイムライン(Tw用語?)のフォローや発言へのフォローもこのHootsuiteで対応できる(但し、仕様が頻繁に変わると言われている現在のFBのNewsFeedには対応しきれていない)。

これまで、このような纏まった文章(内容という意味ではない(笑)はmixiの日記として書いていたのだが、今後は殆どこの「擬藤岡屋日記・別丁」にアップするつもりである。

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。