FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC

.20 2011 日記 comment(0) trackback(0)
70年代にスコットランドからの移民がシドニーで結成したロックバンド(AC/DC)のことではなくて、社団法人ACジャパン(Advertising Council Japan)が製作したTV-CMのこと。

あちこちで指摘されていることだが、大震災以降は殆どスポンサー企業がTV-CM放送を自粛したため民放各局はACが制作したCMに差し替えて放送をしている。平時でも時々目にする映像ではあるが、一般企業の徹底したCM自粛の煽りを受けて民放はどの局でも番組以外はこのACのCMで溢れかえっている。

これを不快に感じた視聴者がACに抗議をしており、CM放送には直接的な責任がないのに(各局の判断で放映されている)WEBサイトに「お詫び」の文章を掲載している。

これらACが制作した映像の内容は社会問題を喚起するいわゆるキャンペーンCMと言える。それぞれの内容は決して酷いものでも低俗なものでもない(寧ろその正反対)のだが、放映されるパターンが少ないことに加えて、一日中「道徳」や「倫理」の授業が続くようで見せられる方がウンザリするのも止むを得ないと言える。

それにしても、元々CM放送をしないNHKを除いて民放各局は右へ倣えとばかり同じパターンになっている。この業界とオペレーションのことは全く素人なのでこれを簡単に非難することはできないのだが、少なくとも顧客(この場合は視聴者)の心理を考えた措置とは言えない。


被災地で悲嘆にくれている人々、救援の手を待っている人々、福島の原発で事故対応している人々、被災地から避難している人々…のことを考えると、取るに足らないどうでも良いことなのだが、将来こんなこともあった?という備忘録の意味で書き留めておいた。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://flamand.blog91.fc2.com/tb.php/11-d17fd0f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。