スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mobile Phone & Information Appliance

.07 2011 IT comment(0) trackback(0)
既にTwitter,Facebook,mixi voiceでボヤキまくっているのだが、2月にiPhone 3Gをスキー場で落としてからスマート・フォンのアップグレード及びタブレットPC導入プランが全く狂ってしまった。

使っていたiPhone 3Gの「刑期明け」がこの6月なので、3月に出荷される予定だったiPad 2の導入を検討しつつ次世代iPhone(5?)に乗り換える予定だった。しかし、3Gをスキー場で紛失してこのプランが破綻。

この時点でiPhone 4は如何にも買いづらいものがあるので、取り敢えずガラケーを購入した。

1月のCESで発表された各社のタブレットPCと後に発表されたiPad 2を比較すると、現時点ではハード・ソフトともにiPad 2を選択しないという理由は殆ど見当たらず、当面はガラケー+iPad 2(wi-fi)体制で行こうと考えていた。


それが、あの地震の影響で3月25日発売予定だったiPad 2が日本では延期され(現時点でも発売時期は未定)、このプランも崩壊。

とにかく3Gを落として以来、ケチの付きとおしである。


携帯サイトなるもの、まるで情報の視野狭窄症になったみたいで一刻も早くオサラバしたいという思いが増々つのる毎日。

そこで、思いついたのがiPod Touch(wi-fiで接続)を導入しメールやWeb browsingなどInformation Applianceの役割を担わせ、音声の会話だけは6月までは現在のガラケーを使うというアイディア。

SBの2年契約更改時期である6月にスマートフォンとして次機種のiPhone(もし発表されれば)とAndroid(au or Docomo)端末を比較検討できる(WiMax内蔵のHTC Evo(au)が面白そう)。新たなiPhoneにそれ程大きなアドヴァンテージがなければ、SBをキャリアとして使い続けるメリットは殆ど感じていない。地震当日、音声電話が繋がらなかったのは同じ状況だったが、同じ場所でSBは「圏外」、auとDocomoは少なくともアンテナは立っておりメールの交信やtwitter閲覧・書き込みは可能だった。

iPad 2の導入に関しては発売時期によっての成行き次第。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://flamand.blog91.fc2.com/tb.php/23-e68d3cd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。