FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日(2011.03.11)の地震

.12 2011 日記 comment(0) trackback(0)
昨日(2011.03.11)の宮城県沖を震源とした東日本巨大地震(正式名称かどうかは不明)の個人的な体験の覚書。

それは、高知・春野(メジャー)と伊豆・天城(マイナー)の合宿から戻った塾高野球部の今年初の対外練習試合を日吉台球場で観戦中の出来事だった。

日吉台球場は慶應日吉キャンパスの東側、マムシ谷を越えた新幹線のトンネル脇に位置した小高い丘の上にある。

14:46に激しい横揺れから始まり、その後下から突き上げる縦揺れもおこり、これまで最も大きな揺れを体感した地震だった。新設した照明灯の高い柱が激しく揺れ、屋外とはいえ何かに掴まっていたいと気分だった。それこそ地割れがおきてもおかしくないという揺れ方だった。

正直言って「これはかなりヤバイ!」と感じた。

その後大粒の雨が降ったり、この時期にしてはやけに早く暗くなるという、如何にも大災害を思わせる空模様となった。

試合はその後の大きな余震の時を含めて2度中断したが、8回裏まで続行した。塾高8ー3國學院久我山という結果だった。


地震後はるか彼方東京方面で大きな煙が立ち上っていたが、ワンセグを見ていた方から「お台場方面で火事」と伺い、さらに都内でも怪我人が出ているとの情報。震源地以外でもこれだけの被害が出ていることに不安が募る。家に連絡しようにも携帯は全く通じない状態が続いた。

試合終了後、日吉駅に向かうが地震後の停電は続き、東横線も運休ており運行再開の見通し全く立たず。
綱島街道も停電で信号機が機能せず車の大渋滞。さてどうしようかと・・・?

試合開始前、昼飯を食った普通部通り(いわゆるヒヨウラ)のとある店を訪ねてみると、ママが好意で店に入れてくれた。
野球部の先輩方とロウソクの灯火でなんとも風流な(?)「闇鍋風」の宴会となった。
この間、キャリアがS社の私のガラケーは殆ど「圏外」を表示していた。

これでも、一番若手だった自分が30分毎に日吉駅に運行再開状況をチェックしに行っていた。

3名の方が徒歩で帰られた後の23時前に東急全線が運行再開した。
ほぼ同じ頃にやっと停電が解決し日吉の町に明りが戻った。

運行再開直後だったためか、日吉で乗った各停渋谷行きは拍子抜けするほど空いており、元住吉で座ることができた。
しかし、渋谷駅は東横線・銀座線・井の頭線の改札口付近に乗車待ちの客であふれかえっていた。

本来、井の頭線に乗って帰るつもりであったのだが、いつ乗れるか分からない状況だったので、時々我が家から渋谷まで散歩するルートを逆に進んで帰宅した。

所要時間は徒歩約35分で、午前1時前に帰着することができた。


家の中には軽いものがいくつか落ちていたが、棚・家電製品など大物の転倒・落下がなかったのはラッキーであった。

P.S.
このように大きな災害ではあったが自分の被った被害は軽微とも言えないほど軽いものであったが、被災され命を失われた方々のご冥福お祈りするとともに救助を求める方々に一刻も早い救援の手が伸びることをお祈りするばかりである。

それにしても、福島の原子力発電所の被害の拡がりが非常に気掛かりである。
 
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://flamand.blog91.fc2.com/tb.php/7-aee2a356
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。